サイトマップ

月刊ネットワークビジネス 業界唯一の専門月刊誌

月刊ネットワークビジネス最新号紹介 web雑誌連動企画 最新のニュース ネットワークビジネス主宰企業総覧 ネットワークビジネス主宰会社ランキング 編集部ブログ お問い合わせ

DMF2022

写真展

[ 2013/7/3 ]

過日、写真家である小野啓氏の「NEW TEXT」という写真展へ行ってきました。
小野氏は2002年から、日本全国の高校生を撮影してきた写真家です。

何十枚も並ぶ高校生の写真を見ながら私が一番感じたことは、
「この瞬間、彼(彼女)は何を思ってレンズを見つめているのか」ということ。
16、17歳という多感な時期だからこそ、将来に対する不安や友達関係の悩み、
誰かを思って心が揺さぶられりすることも多いことでしょう。
写真には、そんな彼ら(彼女ら)の思いが閉じ込められていました。

「なぜ、10年間も高校生を撮影してきたのだろうか?」
そのような興味が湧き、本人に質問してみたいと思いました。
そこでちょうど、小野氏を含めた3人の写真家が、
「その『人』を撮るとは」をテーマにパネルディスカッションを行う時間があったので、
そのときに思い切って質問をしてみました。
すると小野氏は、
「高校生を通して、時代や日本社会というものを捉えていきたい」
と仰っていました。
確かに、制服の着かた一つをとってみても、
その変容は時代の移り変わりを感じ取ることができます。
自分にはないものをたくさん吸収することができ、
非常に有意義な時間を過ごしました。

写真展はもう終了してしまいましたが、
赤々舎という出版社から写真集が上梓されるそうです。
ぜひ、手に取って読んでみてください。

(岩瀬)


(場内は撮影禁止だったため、パンフレットの写真を挙げます)
copyright (c) Success Marketing Co.,Ltd All Rights Reserved.