サイトマップ

月刊ネットワークビジネス 業界唯一の専門月刊誌

月刊ネットワークビジネス最新号紹介 web雑誌連動企画 最新のニュース ネットワークビジネス主宰企業総覧 ネットワークビジネス主宰会社ランキング 編集部ブログ お問い合わせ

DMF2022

日本健康・栄養食品協会 新春賀詞交歓会に430人 林理事長、第三者認証機関設立を宣言

[ 2009/1/22 ]

 (財)日本健康・栄養食品協会(略称日健栄協、事務局東京、林裕造理事長)は、1月9日、都内のロイヤルパークホテルで、新春賀詞交歓会を開催、約430人が集まった。林理事長はあいさつで、安全性第三者認証機関の09年4月設立をあらためて宣言した。
 式典の冒頭、会長である山東昭子参議院議員が演壇に立ち、「皆さんのご支援のもと協会の存在感を発揮していければ」などとあいさつした。
 続いて、厚生労働省食品安全部長の石塚正敏氏が来賓として祝辞を述べ、「健康食品の安全性確保に向けた第三者認証制度の設置など業界の取り組みに期待したい。役所としても支援していく。厚労省としては、国民に安全かつ高いニーズにあった商品が提供され、適切な商品選択ができるよう環境整備を進めていきたい」などと意気込みを語った。厚労省からは他に7人が来場した。
 林理事長はあいさつで「健康食品市場の回復と飛躍に向けて積極的に事業を展開したい」などと話した。
 具体的には (1)09年4月に安全性第三者認証機関を設立し、安全性確保の事業を開始するとともに、事業を通じて協会と食品産業界との協力体制を強化する (2)科学的根拠に基づく安全性・機能性の確保、科学的内容についての消費者理解に向け、協会は事業の方向性を消費者優先と健康食品産業振興に合わせ、関連団体との関係を深め、組織体制の改革と整備を進める (3)多様な健康食品について、それぞれの特性を考慮した対応をするため、関連団体とくに各地域の方々との情報・意見交換を通じて適切に対応する方策を検討する――の3点を重点施策として挙げた
copyright (c) Success Marketing Co.,Ltd All Rights Reserved.