サイトマップ

月刊ネットワークビジネス 業界唯一の専門月刊誌

月刊ネットワークビジネス最新号紹介 web雑誌連動企画 最新のニュース ネットワークビジネス主宰企業総覧 ネットワークビジネス主宰会社ランキング 編集部ブログ お問い合わせ

DMF2022

トップインタビュー:イオスコーポレーション 石川雄志社長

[ 2007/8/24 ]

 ネットワークビジネスでハーブティー『ジェイソン・ウィンターズ・ティー(以下JWT)』を販売しているイオスコーポレーション(本社東京、石川雄志社長、(電)03―5950―9550)は、06年12月期の売上高が前年比83・6%増の18億円に躍進した。Pマーク取得やCSの充実など、会員の後方支援に積極的に取り組む石川社長に、好調の要因と今後の戦略を聞いた。

――06年12月期の業績と、今期の見通しを聞きたい。
 石川 06年12月期は売上高が18億円に伸びた。07年12月期は15〜20%増の21億〜22億円になるのではとみている。利益面は、円安の関係で見込みよりも下がった。
――現在の会員数は。
 石川 アクティブ会員数で7万4000人程度だ。月に1500〜2000人のペースでコンスタントに伸びている。会員10万人の目標からすると、少し遅れている感覚だが、ゆっくりとはいえ確実に伸びている。今年中には10万人を達成したい。とはいっても、あせってもしょうがないところだ。無理をしてもすぐにという意識はなく、自然にアクティブ会員10万人を達成したい。そのためにもリピートアップを図っていきたい。

(※詳しくは日本流通産業新聞8月9・16日合併号をご覧下さい。)
copyright (c) Success Marketing Co.,Ltd All Rights Reserved.