サイトマップ

月刊ネットワークビジネス 業界唯一の専門月刊誌

月刊ネットワークビジネス最新号紹介 web雑誌連動企画 最新のニュース ネットワークビジネス主宰企業総覧 ネットワークビジネス主宰会社ランキング 編集部ブログ お問い合わせ

DMF2022

日本トリム連結決算 売上減少率はやや改善 OEM供給先売上減で減収減益に

[ 2007/5/24 ]

 日本トリム(本社大阪市、森澤紳勝社長、電06―6456―4600)は07年3月期の連結業績を発表、売上高は95億7100万円で前年比0.8%減、営業利益は13億9000万円で同18.2%減、経常利益は14億8800万円で同16・5%減の減収減益となった。売上高減少率は前期の4・5%減から改善したが、OEM供給先の売上減の影響が響いた。
 同社では「3月から大手OEM先に新商品を投入しており業績は今後好転していく」とみている。
業態別売上では、「職域販売」が40億9700万円(前年比7・0%減)、「整水器取付・顧客からの紹介」が8億4000万円(同15・2%増)、「百貨店・量販店」が9億5400万円(同13・0%減)、「OEM供給・卸」では17億7300万円(同10・0%減)となった。

(※詳しくは日本流通産業新聞5月17日号をご覧下さい。)
copyright (c) Success Marketing Co.,Ltd All Rights Reserved.