サイトマップ

月刊ネットワークビジネス 業界唯一の専門月刊誌

月刊ネットワークビジネス最新号紹介 web雑誌連動企画 最新のニュース ネットワークビジネス主宰企業総覧 ネットワークビジネス主宰会社ランキング 編集部ブログ お問い合わせ

DMF2022

06年重大ニュース(6): 米ニューウエイズが株式投資会社に全株式譲渡

[ 2006/12/22 ]

米投資会社がニューウエイズの新たなオーナーに−−。
 ネットワークビジネス大手のニューウエイズジャパンインク(本社横浜市、小杉友巳代表)の親会社ニューウエイズインターナショナル(本社米国ユタ州、エリック・ラーセンCEO)が11月、米国の非公開株式投資会社ゴールデンゲートキャピタル(本社サンフランシスコ市、プレスコット・アシェCEO)に全株式を譲渡した。譲渡金額は非公表。
 譲渡後も米ニューウエイズのCEOは、05年に就任したラーセンCEOが引き続き務めており、日本に関しても体制の変更は一切ない。米本社の新たな取締役会のボードメンバーの選任については、近々実施される株主総会を経て決定される見通しだ。
 今回の株式譲渡について小杉代表は、「今後のグローバル化を考えると賛成。もっとダイナミックな事業展開が可能になる」と歓迎した。その海外展開について「日本がもっとイニシアチブをとれるものと期待している。とくにアジア展開については日本がもっと力を発揮できるはずだ」と強調した。
 株式を譲渡したニューウエイズインターナショナルは、92年にトム・モウアー、ディー・モウアー氏が設立。株式を両氏が50%ずつ所有しており、株式譲渡については約3年前から模索してきたという。
copyright (c) Success Marketing Co.,Ltd All Rights Reserved.