サイトマップ

月刊ネットワークビジネス 業界唯一の専門月刊誌

月刊ネットワークビジネス最新号紹介 web雑誌連動企画 最新のニュース ネットワークビジネス主宰企業総覧 ネットワークビジネス主宰会社ランキング 編集部ブログ お問い合わせ

DMF2022

米ニューウエイズ 全株式譲渡 米投資会社が新オーナーに

[ 2006/11/20 ]

 ネットワークビジネス大手のニューウエイズジャパンインク(本社横浜市、小杉友巳代表)は11月13日、米親会社ニューウエイズインターナショナル(本社ユタ州、エリック・ラーセンCEO)が米非公開株式投資会社ゴールデンゲートキャピタル(本社サンフランシスコ市、プレスコット・アシェCEO)に株式を譲渡したと発表した。譲渡金額は非公表。譲渡後の米ニューウエイズのCEOはラーセンCEOが引き続きつとめる。日本に関して「体制の変更は一切ない」(小杉代表)としている。

 株式を譲渡したニューウエイズインターナショナルは92年、トム・モウアー、ディー・モウアー氏が設立。株式を両氏が50%ずつ所有するオーナー会社だった。株式の譲渡は、約3年前から水面下で交渉してきたということで、今年9月に入り、旧オーナーであるモウアー両氏がゴールデンゲートキャピタルに独占交渉権を与え、11月8日に株式譲渡を終えた。現金による譲渡ということだが、金額は公表されていない。

(以下、全文は、日本流通産業新聞11月16日発売号に掲載)
copyright (c) Success Marketing Co.,Ltd All Rights Reserved.