サイトマップ

月刊ネットワークビジネス 業界唯一の専門月刊誌

月刊ネットワークビジネス最新号紹介 web雑誌連動企画 最新のニュース ネットワークビジネス主宰企業総覧 ネットワークビジネス主宰会社ランキング 編集部ブログ お問い合わせ

DMF2022

トリム・オプティマル・ヘルス 大阪で初の「集い」開催

[ 2006/11/15 ]

 トリム・オプティマル・ヘルス(本社東京、猪股恒夫社長、電03-5511-8670)は10月29日、事業開始後初となる「トリム・オプティマル・ヘルスの集い」を大阪市のウェスティンホテル大阪で開催、会員約450人が参集した。
 冒頭、猪股社長があいさつ。猪股社長は、「立ち上げから半年が経過した。我々は今年4月に大人のネットワークビジネスという形で発足し、科学的裏付けのある『I’m fine』という商品に出会い、8月にはまったく新しい『バブバブトリム』を開発した。これらの商品を通じて、我々はいかにこれから社会貢献ができるかが使命だ。今後、我々は長期計画に基づき、順次新製品を投入していきます」とスピーチした。
 また、会員には「会社の良さ、商品の良さ、組織の良さを十分感じ取って、この情報を伝えてください。いいパートナーシップを組みましょう」と話した。
 次いで、親会社の日本トリムの森澤紳勝社長が壇上に立ち、「会社を継続して発展させるのは並大抵ではない。経営者は必ず成功するという信念を持つことが大事だ。東証1部に上場したが、成功したとは思っていない。5年後にはグループ売り上げ1000億円をめざしたい。そのためにはトリム・オプティマル・ヘルスは重要な位置を占めている」と激励した。
 この後、YKC・システムコンサルティングの藤野正樹社長のあいさつに続いて、協和病院院長の河村宗典氏による「と電解還元水による臨床経験」と題した講演を行った。
 集いはこの後、立ち上げ売り上げ貢献者の表彰式とディナーパーティーを行い、閉幕した。
copyright (c) Success Marketing Co.,Ltd All Rights Reserved.